「格安SIM」業者「MVNO」とは

自身の会社で通信設備を持っているドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアの事を「MNO」と呼び、大手キャリアが持っている通信設備を借り受け、そこから利用者に通信サービスを提供している事業者を「MVNO」と呼びます。

MVNOは独自で通信設備を持っておらず、その設備の維持管理費がかからないためキャリア回線よりも安いプランが用意されていて、そのため一般的に格安SIMと呼ばれているのです。



ちなみに大手キャリアが持っている通信設備を使用しているので、通信可能なエリアはキャリアと全く同じと言えます。



これまでは、通信回線と端末を同じ会社で契約することが当たり前でしたが、2015年にSIMロック解除が義務化されたことで、数多くのMVNOが参入し通信回線と端末をそれぞれ別で選択する事が可能になったのです。


MVNOは参入してくる企業が年々増え始め、各社で様々な価格や通信プランが提供されているので、必要に応じて自分に合ったプランを選択することができます。


また最低利用期間が短く設定されていたり、プランによっては利用期間の縛りが無く解約金が発生しないため、乗り換えをしてみたい人やMVNOを試してみたい人にとってはおススメです。

格安SIMは利用料金が安いと思われがちですが、時間帯割引や通話する相手によって通話料が無料になったりするプランが無く、通話料が30秒当たり20円と決まっているので、通話を多く利用する人にとってはあまり安くならない場合があるので注意しましょう。