格安SIMは本当に携帯キャリアよりも安いのか

格安SIMは本当に携帯キャリアよりも安いのか

MVNOサービスで売られているSIMは、別名格安SIMと呼ばれます。なにと比べて安いのかといえば携帯キャリアです。

では、格安SIMは本当に安いのでしょうか。



まず、携帯キャリアのスマートフォンを利用する場合、だいたいどれぐらいかかるのかというと、だいたい6000円から7000円前後ということになります。もちろん、電話もネット接続もできてこの料金です。家族全員で同じ携帯キャリアと契約したり、固定インターネット回線を携帯キャリアのものにした場合は、一人あたりの料金はもう少し安くなる可能性がありますが、それでも月5000円以上はかかると考えていいでしょう。

一方、格安SIMの場合、電話もネットもできるプランに申し込んで最低毎月1200円程度に抑えることが可能です。



最低料金プランなので、ネット接続に関しては高速回線が一切使えなかったり、使えたとしても月100MBから500MB程度になってしまいますが、ほとんどネットを利用しない人ならキャリア携帯から乗り換える意義は充分あるといえるでしょう。



ただ、携帯キャリアもMVNOに客を奪われ続けるのは困るということで、従来のプランから音声定額などを取り払って非常に安いプランを新設しています。

ですが、そういったプランであっても、MVNOの最安料金を下回るものは存在していません。
携帯キャリアは高い分、ネットが高品質でMVNOよりも速度が出るというメリットがありますが、安さだけならMVNOにはかなわないのです。