MVNOとは一体どういうものだろう

MVNOとは一体どういうものだろう

MVNOとは、格安SIMを提供する事業を行っている業者の事です。


日本語では正式には仮想移動体通信事業者となり、それを英語表記するとMobileVirtualNetworkOperatorとなります。

それぞれの単語の頭文字を取って、現在ではMVNOと表記されることが多くなっています。



またMVNOとサービスや利用料金などでも良く比較されるのがMNOです。


これはMobileNetworkOperatorの頭文字を取ったもので、日本語で言えば移動体通信事業者の事です。


簡単に言うと携帯電話の時代から事業を継続している大手キャリアの事です。


その為、一般的にはMNOではなくキャリアと呼ばれる事が多くなっています。



MNO、つまり大手キャリアに比べるとMVNOが提供するSIMカードの方が安いため、現在では格安SIMをじょうずに活用してスマートフォンの月々の利用料金を安く押さえている人も増えています。

サービスを従来のキャリアに比べて安く提供できる理由は、自社で通信設備を保有していないことが大きく関係しています。

通常、通信をする為にはそれに見合った設備を用意しなければいけません。

しかしMVNOはそれを自前で保有しておらず、キャリアに対してお金を払ってその回線を利用させてもらっている状態です。

通信設備の管理や開発等が必要なくただレンタルしているだけの状態なので、設備の維持・管理費が発生しません。



したがって、維持・管理費が要らない為、運営費自体が安くなるため、安い利用料金でサービスを提供できます。